日本のケータイ電話は「ガラケー」などと揶揄して呼ばれます。
ガラパゴス携帯、略してガラケー。

スマートフォンも状況としてはあまり変わってなくて、
日本のスマホはガラパゴススマホ状態。

これまでいわゆるフィーチャーフォンが主流で、お財布ケータイだとかワンセグなどが普及したので、スマホへ移行しても、これらのサービスを止めるわけにはいきません。その結果、フィーチャーフォンのガラケー仕様がそのままスマホに乗り移っている模様。

では、海外では一般的なのに、日本のガラパゴススマホではあまり普及していないものトップ3を独断と偏見に基づき発表させていただきます。
スポンサーリンク

第3位 予備バッテリー同時充電チャージャー(クレイドル)

スマホの充電は専用のUSBケーブルで行います。
だから充電できるのは1台限り。

海外ではスマホ本体と予備のバッテリーが同時に充電できる「クレイドル」というのが結構普及しています。

クレイドル型デュアルバッテリーチャージャー

純正品ではクレイドルがなくても、サードパーティーがほとんどの機種を網羅。
スマホの電池は意外と消耗が激しいからモバイルバッテリーを持っているというユーザが多いのが現状。純正のバッテリーを別に持っていて自宅やデスクで2つ同時に充電して携帯するというスタイルに使えます。

第2位 テザリング

テザリング(Thethering)は自分のスマホをWi-Fiルータにして他のモバイル機器をインターネットに接続するための仕組みです。
Androidの2.3.3から正式にサポートされているはず。

いやいやテザリングは日本でもサポートされるし眠い(睡眠)
という声もあると思いますが・・・

有料サービスではありませんか?

私はアチラに住んでいた頃、ずっとテザリングを使っていましたが、おカネを払ったことなど一度もありません。
ごくごく一般的なアンドロイドアプリをインストールして、普通にテザリングをしていました。

ネットワークが混み合うとか、データ通信の料金が取れなくなるとか、いろいろな大人の事情はあるかと思いますが、モバイル端末にテザリングの制限を掛けたり、テザリングで料金を取るとことには正直ビックリしています。

第1位 Bluetooth ヘッドセット

堂々の第1位は Bluetooth ヘッドセット。ハンズフリーヘッドセットとか呼ばれるもの。



このヘッドセットは使ってみると手放せなくなります。
ハンズフリーという名前の通り、通話中でも両手があきます。
両手に荷物をたくさん持っているときだって、そのまま通話可能。
スマホを耳に当てる必要もない。

Bluetooth ヘッドセットの外側についている小さなボタンを押せば通話ができます。実際、ボタンを押さなくても通話できます。
スマホのVoice機能を使えば、自分で決めた「合言葉」を言って通話開始。
完全にハンズフリーで受信も発信もできます。

こんな便利なBluetoothのハンズフリーヘッドセットがなぜか日本では普及していません。世界一の商品点数を誇るストラップヤでさえも、ほとんどの商品が予約商品になっています。

私が住んでいた国では、ビジネスマン、オフィス女子、一般ピープル、職種を問わず、外を歩いているひとの10人に5人はコレを着けていました。決して大袈裟ではなく。

ただ、Bluetooth ヘッドセットの唯一の欠点は、
ひとりごとを言っているアブナイ人に見えることたらーっ(汗)

日本でこれを見かけるのはタクシーやトラックの運チャン、宅配便のお兄さんお姉さんくらいですから(笑

公共の場では通話は控えるというのがモラルになっている日本では、恐らくこのBluetoothヘッドセットが普及する見込みは限りなく少ないんでしょう。
本当に便利なのに、もったいないと思います。


注:自動車運転中の Bluetoothヘッドセットの使用は、道路交通法では違反にはなりませんが、条例で違反になることがあります。東京都は条例違反になりますので運転中の使用はできませんのでご注意下さい。

スマホケース週間ランキング

カテゴリ:
Posted by at

オススメの通販ショップ