LINE、Facebook、spモードメール、それからWi-Fiとバックグラウンドで動くアプリが多いAndroid(アンドロイド)。

気が付けばあっという間にバッテリー切れということがありますね。

バッテリーを長持ちさせるためのアプリのなかで人気が高い無料の定番アプリが2つ。

☆JuiceDefender(英語)
☆スマホの節電

スポンサーリンク

JuiceDefender(ジュースディフェンダー)は定番中の定番の無料バッテリーセーバー。
JuiceDefender Plus(199円)と JuiceDefender Ultimate(499円)の2種類の有料版もありますが、とりあえず無料版の初期設定だけで、でだいたい1.6倍くらいはバッテリーが節約できます。


スマホの節電は日本語。
当然こちらのほうが分かりやすい。
JuiceDefenderに負けずとも劣らぬ実力。


両方とも、例えば夕方帰宅したときに30%くらいしかバッテリーが残っていなかったのが、節約ソフトをインストールしたら70%くらい残っていたというくらいのスグレモノです。

バッテリーを節約するために、液晶の明るさを落としたり、無駄な通信を遮断したりします。
でも、ぜんぜん不便は感じません。

とにかくバッテリーの持ちが悪いというときは、
こういった節電アプリを導入するとビックリするくらいにバッテリーが長持ちしますよ♪

それぞれ Google Playから無料でダウンロードできます。
(アプリダウンロードの通信費は別途)
»JuiceDefender
»スマホの節電

これでもバッテリーの消耗が激しいというときは、携帯できるモバイルバッテリーを使いましょう。

スマホケース週間ランキング

Posted by at

オススメの通販ショップ