スマホカバーの紹介で「TPU素材」という言葉を見かけますが、TPU素材とはどんな素材なのでしょうか?

スマホカバーに使われる素材はこのTPUとシリコンが主流です。
そのうちのひとつ「TPU」は“熱可塑性ポリウレタン”という素材のこと。
Thermoplastic Polyurethane を略してTPUとなります。

熱可塑性ポリウレタンとは、ウレタンゴム、ウレタン樹脂とも呼ばれ一種のプラスチックです。
プラスチックとゴムの中間的な性質を持つ素材で、プラスチックの硬さとゴムの弾力性の両方の良いところをあわせもっている素材です。
スポンサーリンク

最近ではスマートフォン用のケース(カバー)として注目されている素材。
TPU素材だと大切なスマホをショックから守り、かつスマホに装着しやすいという特徴があるんですね。

TPU素材を使ったスマホカバーの特徴


TPU素材の特徴を3つ挙げます。
1.比較的にスリムに見える
2.ホコリが付着しにくい
3.透明度が高いので端末のデザインが透けて見えやすい

これはシリコン素材と比較したときの特徴です。

TPU素材は表面がサラッとしているので、誇りがつきにくく、バッグやポケットなどから取り出しやすいというメリットもあります。

私はシリコンとTPUの両方とも使ったことがありますが、個人的にはシリコン素材が好き。

TPU素材は少し硬めなので、ケースにスマホを入れるときかなりチカラ(コツ?)が要ります。
スマホ本体を反らせるようにしてケースに収めるので、パリッと液晶にヒビが入るんじゃないかって心配になるくらい(笑

最初はあまり頻繁にケースから出し入れはしないだろうと考えていましたが、スマホが固まっちゃったとき・・・

どうしてもケースから取り出して電池を抜いてリセットということがしばしば(汗
こういうときはシリコンケースのほうが良いなと感じます。

あくまでも個人的な感想です。

スマホケース週間ランキング

カテゴリ:
Posted by at

オススメの通販ショップ